誰の枯草木枯らし日記

誰の枯草木枯らし日記

バストが小さいのは私だけ?

読了までの目安時間:約 5分

 

大きなバスト、いわゆる巨乳と呼ばれる人たちが栄えるようになって既に10歳以上になります。

昔は大きなバスト=お馬鹿という直感が持たれがちだったんですが、

こういう20歳でその直感は払拭され、むしろバストが広いことが婦人を選ぶ魅力となっています。

だから幾らか母乳が小規模、というヒトはより一層悩んでしまいます。

母乳の開いた着物なんて着れないし、アウターを着たら男児みたい、という悩みを抱えている人が多いのです。

おんなじ婦人なのに大きなバストのヒトもいれば、これ程ちっちゃなバストのヒトが要るなんて曲事ですよね。

ではどうして大きなバストのヒトは、そのサイズまで成長したのでしょうか?

「そんなの遺伝なんでしょ?」

それほど想うヒトもいるかもしれません。

確かに身長や進め方は遺伝によるものが大きいですが、バストのがたいは遺伝だけでは決まりません。

大きなバストのお母さん、祖母を持つヤツの子孫がちっちゃなバストで悩んでるなんて、よくあることだ。

もちろん、遺伝です程度は決まりますが、それよりも他のエレメントによって進化次元がなるのです。

取り敢えず1つ目は、思春期の婦人ホルモンの分泌容積だ。

バストの進化は婦人ホルモンの分泌によって促されるのですが、それが手広く分泌される思春期に、

フラストレーションを抱えてしまうと、婦人ホルモンの分泌容積が減少し、バストが全然成長しません。

バストが幅広いヒトは、思春期に順調に婦人ホルモンが分泌されていたのです。

つまり、思春期に上手にフラストレーションをあていたヒトが大きなバストの持主になっていることが多いのです。

次の要因は食事だ。

バストが高い人の多くが、10代、20代にバランスのとれた食品を摂取していらっしゃる。

またその規格も重要で、乳や鶏肉、豆乳などを数多く食べていたヒトほどバストが幅広いという傾向があります。

逆に、減量などで極端に食品を制限していたヒトは、バストが正しく成長しないようです。

そして次は初々しい頃の慣習だ。

バストがおっきいというヒトは、夜中更かしもせず、正しい生活を送っていることが多いのです。

正しい家計が、婦人ホルモンの分泌を促し、結果的にバストの進化につながります。

また10代20代当初からたばこを吸っていると、婦人ホルモンの分泌を阻害する結果、バストが小さくなりがちだ。

そして最後はムーブメントだ。

母乳筋が鍛えられるムーブメントを行っていたヒトは、バストが大きくなり易いのです。

しかも、一概にブラジャーなどで規則正しい取り付けでバストを支えながら運動していたヒトがより、大きなバストとなっています。

このように、バストがでかいヒトにはこの理由があるんです。

遺伝ではなく、慣習やムーブメント、食品などでバストがぐんぐんと成長してきたという訳です。

ってことは、今母乳が小さくて耐えるヒトは、おんなじ仕方を行えば、バストが大きくなる可能性があるってことです。

ただ、思春期や10代と比べて、婦人ホルモンの分泌が減っている20代30代の婦人の場合は、

食品やムーブメントだけでは、スゴイバストが大きくなりません。

ですので、生来発祥原材料のバストアップサプリメントを摂取すると、食品やムーブメントの効力が倍増します。

バストアップサプリメントには、婦人ホルモンの分泌を促したりする効果がありますから、

カラダから作用して、大きなバストをゲットすることが出来るんです。
ビーアップ

 

豊胸

この記事に関連する記事一覧